スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
理解不可能
- 2006/08/22(Tue) -
こんな人が、未だにいるのだと思った。
18日の日経新聞に載った、直木賞作家「坂東眞砂子」のコラム。

どういうつもりで書いたのか、私のような者には理解できません。

「もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、
子を産みたいというだろう」

それでは、その産んだ子を育てたいと母猫は思わないとでもいうのだろうか。
「生」あるもの。
子猫だって、殺されたくないはずなのに。。。

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然 ライブドア News

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然 J-CASTニュース

「子猫殺し」女流作家 今度は「子犬殺し」? J-CASTニュース

子猫殺し:作家・坂東眞砂子さん、エッセーで告白 日経に掲載、抗議が殺到 毎日新聞

子猫殺し:直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白 毎日新聞

「子猫を殺している」坂東眞砂子さんのエッセーが波紋 朝日新聞

坂東眞砂子さん「子猫殺し」コラム、掲載紙に抗議殺到 読売新聞

「子猫殺し」告白、抗議殺到 直木賞作家の坂東眞砂子さん  産経新聞

全文を載せましたが、あまりにも強烈な文章なので見たくない方がいらっしゃいましたら、
ごめんなさい。


『子猫殺し』  坂東眞砂子     ( 8月18日付 日本経済新聞・夕刊より )

 こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
 家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がころころしている。子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。自然に還るだけだ。
 子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。私は猫を三匹飼っている。みんな雌だ。雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。タヒチでは野良猫はわんさかいる。これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。しかし、どうも決心がつかない。獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

s106.jpg
 
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。生きるための手段だ。もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
 飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。しかし、それは飼い主の都合でもある。子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。私は、これに異を唱えるものではない。
 ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
 愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。人は神ではない。他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
 人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
 私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)

いくら自分の子猫だからとはいえ「命」あるもの。 
こんなことをしていいものだろうか。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(10) | ▲ top
<<いただき物 | メイン | 成長記録-44>>
コメント
-初めまして!!-
初めまして。

ぁたしだったら絶対に手術を選びます。一度生まれた命をこの手で奪うなんて、ぁたしには出来ません。。。
でも、なんとなく、「野良猫は飼いたくない」と思ってぃる人間の多さにもムカつきました。子供が生まれたら困る、といぅ環境がとても悲しいです。
2006/08/22 13:09  | URL | ミリア #/3WEEAIQ[ 編集] |  ▲ top

--
昔・・避妊手術がまだあまりされてないころ・・うまれすぎた仔犬や子猫をまびくように海に投げたり土にうめたりしていたと聞きました。

~子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ~倫理的に言うといっしょかもしれませんがぜんぜんちがいますよね。
健康なからだにメスを入れるのはかわいそうですが私も手術を選びます。





2006/08/22 14:22  | URL | hiro #GpEwlVdw[ 編集] |  ▲ top

-残念な話です-
飼主が行うペットへの避妊手術の批判は色々なところで目にします。
避妊・去勢手術が無責任に命を増やさないといだけでなく、ペットの健康や、体の負担を考えての行為だということを、飼っていない人は勿論、ペットを飼っていても理解していない人がいる、というのが歯がゆいところです。

猫や他の動物たちも、自分の意思を持って生きている立派な生命です。
彼らが持つ「幸せ」の定義を人間が判断して良い事ではないし、ましてや避妊と虐殺を同等に考えるなど、あってはならないと思います。

生まれてきた命のあるもの全てが持つ「生きたい」という欲求を無視し、命を絶つという行為の重さを本当に理解しているとは、私には思えません。
2006/08/23 00:45  | URL | kobiya #-[ 編集] |  ▲ top

-ビックリしました。-
かなりネット上でも反響が広がっているようですね。
「人間本位な手術はしたくない」という気持ちはわからないでもないですが、
(オスの一匹飼いで、スプレーしない場合等)
その結果、生まれてきた子猫を放り投げて命を奪うという行為は
到底理解できるものではありませんよね…
この場で批判云々というのは、あまり適切ではありませんので
これ以上は控えますね。
2006/08/23 01:14  | URL | ユキぽん #-[ 編集] |  ▲ top

-☆ミリアさん-
初めましてですね♪
やはり、望んだものでないにしても生まれてきたら「命」があるもの。
それをないがしろに扱うのは、私も抵抗があります。
彼女の様な飼い方で子猫を望まないのでしたら、
やはり手術するべきだと私も思います。
彼女の住んでいるのは海外ですし、土地柄で考え方の違いもあるのかもしれませんが、それを日本で公表したことにも問題があるような気がしますね。
2006/08/23 10:21  | URL | あぽ@Master #-[ 編集] |  ▲ top

-☆hiroさん-
この方の小説を何冊か持っているけれど、こういう方だとは。。。
古い考え方の方は、未だにこうなのかもしれないと思ったり。
「愛玩動物なのだから、飼い主が何をしても勝手だ」と言いたいのだろうけれど、ちょっと理解に苦しむような事が書かれてるよね。
2006/08/23 10:30  | URL | あぽ@Master #-[ 編集] |  ▲ top

-☆kobiyaさん-
いろいろな考え方の人がいることは、いいことだとは思いますが、
事が「命」だけに私も彼女の考えには賛成できません。
こんなことにならないようにする手段も講ぜず、
「命あるもの」を私のペットだからといって殺してしまう。
本当に悲しいです。。。
2006/08/23 10:39  | URL | あぽ@Master #-[ 編集] |  ▲ top

-☆ユキぽんさん-
これを公表すると言うことは、正直な方なのでしょうけれど、
彼女のいう「殺しの痛みや、悲しみを引き受る」を何度も引き受けることが、良い事なのでしょうか。

私のようなものには、とても理解できませんでした。
2006/08/23 10:51  | URL | あぽ@Master #-[ 編集] |  ▲ top

-あ!-
あぽさんもこの事書いている~。
私もさっきチラっと書いたんだけど…
私はこの事を昨日知ってね。

単純に腹がたった。本当にそういった感情が先にたった。
2006/08/24 23:06  | URL | マホ #-[ 編集] |  ▲ top

-☆マホさん-
そうだよね。
私も、彼女の言いたい事がよくわからなかったよ。
ワガママと屁理屈のオンパレードのように感じた。
今日、TVニュースでも取り上げられていたね~。
2006/08/25 02:10  | URL | あぽ@Master #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。