スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
狂犬病
- 2006/11/17(Fri) -
36年ぶりに、狂犬病感染者がでた。

狂犬病は、世界中に発生しており、
発生が確認されていないのは、日本を含め世界で12カ国(所)(※1)だけ。

     -----*-----*-----*------*-----*-----
※1 【2005年6月7日現在】
日本、台湾、アイスランド、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、
英国(グレート・ブリテン及び北アイルランド)、オーストラリア、 
ニュージーランド、フィジー諸島、ハワイ、グアム 
     -----*-----*-----*------*-----*-----

国内では、犬にのみ予防接種が義務付けされているが、
これは、あらゆる哺乳類に感染する。
もちろん、人間にもー。

人の場合、数週間~数ヶ月程の潜伏期間を経て、
発症すれば治療法はなく、100%死亡すると言われている。
(犬の潜伏期間は3~8週間、時に1年以上になることも)

京都のこの男性は、すでに発症しているとのこと。
狂犬病特有の症状(※2)も出て、現在、意識不明らしい。

◇毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20061117k0000m040117000c.html

     -----*-----*-----*------*-----*-----
※2 【狂犬病ウィルス】《rabiesvirus》
  http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i04-7.html
感染動物から噛まれたことによる、唾液で感染する。
ウィルス自体はとても弱く、傷口を石鹸水でよく洗う、消毒液、
エタノールでよく消毒することによって死滅すると言われている。
そしてすぐに「ワクチン接種」すること。
ウィルスがせき髄に達すると発症。
発熱や食欲不振、食べ物を飲み込むときの痛みなどを引き起こす。
水を怖がるなどの神経症状を経て、麻痺、意識混濁、呼吸困難になって数日で死に至る。
世界保健機関(WHO)などによると、
世界では狂犬病によって年4万~5万人の死亡者が確認されている。
     -----*-----*-----*------*-----*-----

厚生労働省によると、全国で登録されている犬は約560万匹で、
予防注射の接種率は約80%。
(70%以上で感染防御できるといわれています)
でも、日本ペットフート工業会の調べでは、国内には推定約956万頭の犬が飼われている。
未登録の犬を含めると、接種率は50%に。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(0) | ▲ top
<<カサカサに効く、保湿クリーム | メイン | 加湿器>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。