スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペットフード リコール その2
- 2007/04/10(Tue) -
《ヒルズ・コルゲート》 北米・自主回収
  プリスクリプション・ダイエット〈猫用〉m/d・ドライ

■ http://www.hills.co.jp/news/reca070403.shtml

メニューフードというカナダの会社から、
中国産の小麦(グルテン)を使用した事に発する今回の大規模リコール。
とうとうドライフードの回収も始まりました。

コレとは別に、
アイムスは、ユーカヌバブランドのドライフードに、犬猫に対して認められていない【ピコリン酸クロム】を添加していたことで、米国食品医薬品局(FDA)から警告を受けていました。

【ピコリン酸クロム】
1996年に低レベルのクロミウムトリピコリネイト(ピコリン酸クロム)のみ、豚のダイエット用サプリメントとして使用することが可能になっているが、犬猫では安全性は確立されていない。

《Eukanuba(ユーカヌバ)》
・Veterinary Diets Optimum Weight Control
(ベテリナリーダイエット ウェイトコントロール・減量用)
・Canine dry, Optimum Weight Control
(犬用ドライフード ウェイトコントロール・減量用)
・Feline dry, Restricted-Calorie
(猫用ドライフード レストリクテッドカロリー)
・Canine dry and canned, and Restricted-Calorie
(犬用ドライフード・缶フード レストリクテッドカロリー)
・Feline dry an canned
(猫用ドライフード・缶フード)

また、ロイヤルカナンは、2006年3月に、
過剰量のビタミンD3が理由で7種の獣医処方指定の製品が、リコールとなったことを認めている。
「標準量の10倍」のビタミンDが、検出されたらしい。
これが、日本で発売されていたのか、どの製品だったのかは未確認。
スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(0) | ▲ top
<<バラの肥料 | メイン | 柔軟剤フェチ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。