スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペット保険
- 2007/09/22(Sat) -
『ペット保険』を検討中。

歳の多い順に、4~5頭ほど加入させたいとずっと思っていた。

すごく増えたのね~。
とりあえず、良さそうな感じのところを3社ほどに絞ってみた。

・A社
・B社
・C社   

あと、最近できた
・アリアンツ   http://www.petinsurance.jp/
  ここは、来年春に改正されるらしい保険業法を見越して、
  すでに金融庁から許可をもらい、損害保険会社が経営している。
  もともとは、ドイツのペット保険で「マイクロチップ割引」などもある。
  ただ、やはり掛け金 が高め 
  「頭数割引」もないので、我が家だとちょっと厳しいかな。

・A社・・・
  ここは、私の通っている獣医も「対応病院」になっているので
  病院窓口で清算できるから便利。
  でも、年齢によって掛け金が上がるのよね~。
  「頭数割引」も最大7パーセント・・・。
  保険業法が改良されても、これだけ大手ならまず事業廃止する
  ことはないだろう・・・と思うw

・B社・・・
  ここは、生涯同じ掛け金。(計算がしやすいね)
  「頭数割引」も最大15パーセント。
  ここは保険業法改正以降は「少額短期保険業者」になるらしい。
  通院が長引くことが多い猫にとって、ここの通院保障の日数は魅力的。
  今のところ支払いもスムーズで、1週間程で も振り込まれるみたい。
  あまり悪い評判はないみたいだし、保障内容もそこそこいいようなww

・C社・・・
  最初いいかなぁと最初思ったのだけど、評判がかなり悪いみたい
  あちこちのブログなど検索すると、お金を払ってくれないとか、
  掛け金が2重に落ちたとか、掛け金の引き落とし日がバラバラとか・・・。
  ちょっと怖くなって思案中  


やはり「A社」か「B社」かなぁ。 


+++++++++++++++

『A社』のサイトに、改正保険業法について書かれてました。


改正保険業法により特定保険業者であるA社の保障制度は、平成20年3月末日までに以下のいずれかの対応を選択する必要があります。

(1)保険会社になる (2)少額短期保険業者になる (3)事業を廃止する 等

どうぶつのための保険制度については、A社の他、数多くの団体が制度運営に取り組んでおり、その内容もとなっております。そのため、どの制度が飼い主様のニーズに合致するものとなっているか、よく見極められてご加入されることが重要です。

A社ではこのような状況を踏まえ、「どうぶつ健保」の事務委託先であるA社 フロンティア株式会社の親会社A社 インターナショナル株式会社により設立を目指している新しい損害保険会社にて、保険商品を新規にご案内させていただくことを予定しております。つきましては、以下の点にご注意ください。


● 当該損害保険会社が免許取得の上、平成20年3月末日までに営業を開始したときは、その時点でA社の共済契約の新規ご契約の引受(自動継続契約を含みます。)はできなくなり、当該損害保険会社より新しい保険商品をご案内させていただく予定です。
● 新しい保険商品については、現在と保障内容や掛金(保険料)が異なるほか、場合によってはご契約いただけないケースが有り得ます。
● 当該損害保険会社の設立は現段階での確定事項ではなく、設立を前提に勧誘を行うものではありません。

・・・A社 HPより引用・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(0) | ▲ top
<<ペット保険 パート2 | メイン | がんばるぞぉ~☆>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。