スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペット保険 パート3
- 2007/10/01(Mon) -
あちこちから、資料が届いているので、
今わかっていることをまとめてここへアップします。

(私の個人的な憶測や感想も入っているので、
関心のある方はそれぞれの会社に直接問い合わせてくださいね)

x54.jpg


【アリアンツ・ペット保険】  http://info.allianz.co.jp/pet/
金融庁認可  国内初・保険会社のペット保険。

・補償内容 
 プランは3つ。 
 100%(年間100万円まで) 70%(70万円まで) 50%(50万円まで)

・掛金
 1歳ずつ、年齢によってアップ
 マイクロチップ割引あり。 多頭割引なし。

新規加入の場合、
8歳までは、基本は自己申告で加入可。
9歳からは、指定獣医での「健康診断書」必要。(更新の場合は必要ない)

良いと思うところ
 金融庁認可=今後、大幅なプラン変更がない
 通院・入院などの、日数・回数の定めがない。
 限度額内であれば、通院に何日通っても、手術を何回かしてもOK。

悪いと思うところ
 13歳までしか継続加入できない。(終身ではない)

-----------------

で確認したところ、「治癒」した病気が、更新後「再発」した場合、
その病気は「保険対象外」になる場合あり。
「年間限度額いっぱいまで使ってしまったと言うような高額の場合、
対象外になることがあります」とのこと。
(更新時に病気治療中の場合も、前年の保険使用率が高額になった病気は、
対象外になる可能性あり)
判断基準は、教えていただけませんでした。

また「13歳まで・・・」について、「今後、プランも出る可能性はありますが、
今のところ予定はありません」・・・との事でした

===================

【ペット&ファミリー小額短期保険】  http://www.petfamilyins.co.jp/
金融庁登録済

・補償内容 
 プランは2つ。 
 デラックスプラン  スタンダードプラン

・掛金
 3歳ずつ区切られた「年齢区分」よってアップ

良いと思うところ
 金融庁登録済み=今後、大幅なプラン変更がない
 
悪いと思うところ
 補償内容が良くない!
 6歳未満で加入・・・終身継続可。
 6歳以上で加入・・・13歳までしか加入できない。(終身ではない)

-------------------

で聞いたところ、やはり小型犬や猫のオーナーさんから、
「13歳まででは・・・」という苦情が多いらしいが、
今のところ改正する予定はないとのこと。

===================

【日本アニマル倶楽部】  http://www.animalclub.jp/ 
無認可共済。(20年3月末までに「小額短期保険」を目指す)

確認したところ、
今、ご加入いただいた保険は、満期までは現在の保障内容。
以降については、全く未定。
「今後、プラン・保障内容、掛金は監督官庁の手が入るので変わります」とのこと。

==================

一番安心なのは、やはり監督官庁の許可を取っている、
【アリアンツ・ペット保険】【ペット&ファミリー小額短期保険】の2社。

ただ「13歳まで」が、猫にとってはネック。
(それは、どちらの会社もそう言っていたし、個人ではそう思っているようだった)

あとの共済会社は、今後が全く未定。
たとえ金融庁への登録申請が通っても、現在の保障内容は大幅に変わる。
(もしかすると『13歳まで』は金融庁の指導かな??とも)


・・・5頭加入予定だったけれど、そのうち2頭が今5歳。
今のうちに【ペット&ファミリー小額短期保険】(通院の補償内容が良くないので確認してね)に入れておくべきかなぁ。
6歳以上の子についても、終身加入できるプランができればいいんだけど。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ




また 『日経ネット』 にこういう記事も。
----------------
無認可共済、保険への移行進まず

 保険と同じような商品を扱う無認可共済で、営業を続けるのに必要な保険会社や少額短期保険業者(ミニ保険会社)への移行が難航している。人材、システム、商品の三つの壁があり、緩和した移行基準でも共済にとってはハードルが高い。389ある無認可共済のうち、移行済みはまだ2社。移行の申請期限は来年3月末に迫っており、廃業が相次ぐ見通しだ。

 家財共済のあさひ共済(東京・渋谷)は今秋にも新たな契約者の募集をやめて廃業する。実方直樹社長は「最初はミニ保険をめざしたが、金融庁が求めるシステムや人員を整備すると採算があわない」と話す。(07:02)
-----------------

やはり、かなり難しい様子。。。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ



スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(2) | ▲ top
<<動物病院 | メイン | 私のものよ♪>>
コメント
--
ごめん。
上にも保険のこと書いたんだけど…。

13歳までというのは加入年齢が13歳までではなくて
13歳になったら契約終わりってこと?
加入年齢が若い年齢(と言っても8歳とかだけど)なのは
よく見るけど、契約自体がその年齢で終わりでは
ちょっとアレだな~。
2007/10/05 18:04  | URL | マホ #yl2HcnkM[ 編集] |  ▲ top

-☆マホさん-
そうなんだよ~。
加入年齢が13歳ではなくて、13歳までしか契約継続できないってことなの。
(デンワ確認済)v-356

オペレーターの方が言っていたんだけど、
大型犬なら13歳までだと「ほぼ一生」なんだそう。
だけど、やはり日本で多い小型犬や室内飼いの猫は、
これだと・・・って苦情問い合わせが多いって言ってた。
実際、オペレーターの方の猫も17歳なんだって~。
大型犬の寿命に会わされても困るよね。

--------------

無認可共済は、来年3月末まで入れば(更新含む)、
満期までの1年間は今の補償内容でみてくれる。
だけど、満期以降は同じ内容で継続できないって。

ペット共済が「小額短期保険」「保険会社」に変更すれば、
規約は全て変わるので、その規約に沿っての新規加入になるんだそう。
だから、例えば 今発症して継続治療している病気があると
保険加入できなかったり、
免責疾病に指定されちゃうこともあるってことなんだって。
また、高年齢の子達は、加入できなくなるかもしれない。

今、2社しか金融庁に許可されてないから、
他のペット共済会社は、今後どうなるかわからないしー。

悩むよね・・・。
2007/10/06 08:47  | URL | あぽ@Master #7NJ5.0JY[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。