スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)ワクチン
- 2008/08/29(Fri) -
やっと、日本でも 「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)」 の

ワクチン接種が 可能となる情報。

私の動物病院に確認したところ、8月初めに発売されており、

すでに接種可能とのこと!!



「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ・FIV)ワクチン」 は、

日本の北里研究所とアメリカのフォートダッジ アニマル ヘルス社が

共同開発し 「Fel-O-Vax FIV」 と名前で、2002年からUSAで使用されている。

最初に3回接種、以降は年1回接種。

生後8週の子猫から効果があり、ワクチンの効力は少なくとも12ヶ月間。



猫の 「FIVウイルス」 は、エンベロープという脂質の膜で覆われていて、

このエンベロープに付く、糖たんぱく質の違いにより、

A~Fまでの6つのサブタイプがある。

日本では、サブタイプBが60~70%、Aが20~30%、Dが10~20%、Cが若干存在。



このワクチンは、サブタイプAのベタルマ株 と サブタイプDの静岡株を使った

「不活化ワクチン(死菌ワクチン)」。

日本で多く発生している、サブタイプBも、

このAとDの組み合わせで予防できるとのこと。



感染予防効果は、注射による感染実験で

サブタイプAのベタルマ株が70%、サブタイプDの静岡株で72%。

また、サブタイプB感染猫との2年間の接触感染実験で、

ワクチン注射済みの6頭すべてが感染していなかった。

この実験結果から、日本での猫エイズは、ほぼ防げるのではないかという。



ただ、ワクチンの効果は、常に100%ではないし、

それぞれのサブタイプには、たくんのウイルス株があり、

突然変異株が発生すると、ワクチンが効かなかったり、

不活性ワクチンなので「アジュバンド」が使用されており、

接種箇所に肉腫ができる可能性も。。。



でも、やはりお外に出かける猫ちゃんは、接種しておいた方が安全と私は思う。

これでまた、ひとつの病気が防げるようになれば、

こんなにうれしいことはないよね。


++++++++++


予防ですので、今、猫エイズ(キャリア含)の猫ちゃんには、

残念ながら効果はないのですが、

同居猫ちゃんは、感染していないかを確認した上で、

ワクチン接種するというのこともできますね。

詳しくは、かかりつけの動物病院さんへ、お尋ねくださいね。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ  にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
スポンサーサイト
この記事のURL | チンチラ・ペルシャ・エキゾチック・スコティッシュ | CM(0) | ▲ top
<<愛玩動物飼養管理士・スクーリング | メイン | 海外からのメール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。