スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
モネの庭
- 2009/03/17(Tue) -
花の季節はよく行くところ。

『浜名湖花博』 の会場だった 「浜名湖ガーデンパーク」


■浜名湖ガーデンパーク  http://www.pref.shizuoka.jp/hg-park/


i005.jpg     i007.jpg


この公園の一番奥に、バラのアーチがきれいな「モネの庭」があります。


i006.jpg


この 「モネ」 の名前をめぐって、フランスにある 「モネの庭」 を所有する

フランス学士院芸術アカデミーと交渉が決裂した模様。




07年6月   将来にわたって「モネの庭」の名称を使用し、県が同アカデミーに
         10万ユーロ(約1250万円)を寄付することで基本合意

08年3月   「モネの庭」を管理・運営するクロード・モネ財団の代表が交代。
         「10万ユーロは名称使用料。期限は5年間」と一方的に通告



所有者 と 管理者 がいたってことなんだよね。

所有者だけに 「許可」 をもらっても、管理者が 「Non」 だったらダメってことなのね。


■「モネの庭」名前消えます、所有の仏側と交渉決裂…浜松
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090317-OYT1T00071.htm?from=navr

静岡県は16日、浜松市西区村櫛町の「浜名湖ガーデンパーク」の「花の美術館モネの庭」について、
31日で「モネの庭」という名称の使用を終えると発表した。

 名称を巡っては、県と、フランスにある「モネの庭」を所有するフランス学士院芸術アカデミーとの間で、
使用に関する交渉が暗礁に乗り上げ、県が2月に「3月15日までに(県の)主張が受け入れられない場合、
『モネの庭』の名称使用は断念する」とアカデミー側に通告していた。
名称は4月1日から「花の美術館」となる。

 「花の美術館モネの庭」は、2004年の浜名湖花博の会場跡地に県が開園した同パークの人気施設。
印象派の画家クロード・モネがフランスに造った「モネの庭」を模し、館や庭園、スイレンの池などがある。

 県公園緑地室によると、県とアカデミーは07年6月、将来にわたって「モネの庭」の名称を使用し、
県が同アカデミーに10万ユーロ(約1250万円)を寄付することで基本合意した。
08年3月、「モネの庭」を管理・運営するクロード・モネ財団の代表が交代。
「10万ユーロは名称使用料。期限は5年間」と一方的に通告してきたため、
双方の代理人が交渉を続けていた。

 県公園緑地室は「庭のデザインや建物は今までとまったく変わらない」としている。
(2009年3月17日05時55分 読売新聞)



高知にも 「モネの庭」 があるようだけど、ソチラは大丈夫なんだろうか。


■北川村「モネの庭」マンハッタン
http://www.kitagawamura.net/monet/index.html



++++++++++++++



この 浜名湖ガーデンパーク で 「浜名湖フラワー&ガーデンフェア2009」 が、

5月1日~10日に開催されるようです。


■浜名湖フラワー&ガーデンフェア2009  http://www.hfg2009.com/




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ  にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
スポンサーサイト
この記事のURL | お出かけ情報 | CM(0) | ▲ top
<<ベルストーリー他・・・その後 | メイン | ディオレサンス・・・その後>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。